Arata Record

Harley-Davidson, Travel, Gadgets, Tennis…

Harley-Davidson

オーリンズHD145E 装着計画 – その1 前後を水平に!

Posted | 2010年10月19日  Photo | --

奇跡の格安譲渡で手に入れたオーリンズサス(296mm)。さっそく取り付けです。プログレッシブが284mmだったので、差し引き12mm車高がアップする計算。果たしてどうなるのか。ケツ上がりにならないか心配です。

さっそくサスを取り付けた写真が、上のもの。うーん、若干ケツ上がりか。やはりフロント7.5cmダウンが下げ過ぎなんでしょうか。キャスター角を約30度とすると、アバウトにローダウンとしては実質6.5cmということに。
※(7.5cm÷2)×√3。直角三角形と想定しての話…になっちゃいますが。

こちらから見ると水平にも見えますが…。

一方リアは336mmですから、296mmオーリンズで4cmダウン。ノーマルの883系が若干尻下がりとは言え、これはフロントを下げ過ぎでした(汗 7.5cm短くしたフロントフォークは格好よくて、大変惜しいですが、若干のアップをせざるを得ません(涙

ここで計算。フロントフォーク7.5cm短縮に対して、以前のプログレッシブ(284mm)で、リアは5.2cmダウン。これで車体は地面とほぼ水平でした。フロントが実質6.5cmダウンと仮定すると前後差はおおよそ1.1cmということになります。今回のオーリンズでは4cmダウンですから、理屈上はフロントを実質5.1cm前後ダウンさせると水平になると考えられます。となるとフロントは6.5cmダウン、今より1cmアップさせればOKということに。

うーん。このアバウトな計算…合っているんだろうか。明日、さっそくお店に依頼してトライしてもらいます。結果はまた明日以降!!