Arata Record

Harley-Davidson, Travel, Gadgets, Tennis…

Harley-Davidson

FXR ってどんなモデルがあるのか。コツコツ調べてみる

Posted | 2020年3月1日  Photo | --

FXRと一言に言っても、1982年のFXRS(スーパーグライドⅡ)から始まり、1992年のラインアップ落ちまで、たくさんの派生モデルが出ています。FXRS、FXRT、FXRD…などなど。FXRは不人気車だったからか、紙もネットも資料がすくなくよくわかりません。wikipediaでさえ、ほとんどない状態です。

そこで僕が購入したのがこちら。「Harley-Davidson FXR Series 1982-1992」です。これに加えてネットで調べた情報などを加味しつつ、ここに書き溜めて行こうと思っています。自分の乗っているFXRが、なんなのかわからない、興味として知ってみたいなどなど、是非参考にしていただければと思います。
*あくまで趣味レベルでやってるだけで、内容が100%合っているかは保証できませんので、ご注意を…。

参考資料

標準モデル

FXRの各モデルについて、分かる範囲で値段や装備の違いを記載します。なお、価格は現在価格ではなく、できるだけ当時の価格を反映するようにしています。

FXR(スーパーグライド)

価格:8,745ドル(90年は1ドル160円ほど。約139万円)
1982年にショベルヘッドで登場した「FXRスーパーグライドⅡ」。1971年に登場し、その独特のボートテールが賛否両論になったFXスーパーグライドの後継モデルです。

シンプルな装備のFXR(スーパーグライド)

FXスーパーグライドと同様にショベルヘッドエンジンを搭載していましたが、3点式のラバーマウントフレームと5速ミッションでスポーティさを売りにしていました。なおスーパーグライドⅡと「Ⅱ」がついているのは、当時FXスーパーグライドと併売されていたから。FXスーパーグライドがラインアップから消滅してからは、FXRスーパーグライドとして販売が継続されました。FXRSローライダーと異なり、梨地仕上げのエンジンが特徴。またタコメーターは廃止され、スピードメーターがハンドルにマウントされてるとのこと。日本だと、このFXRが一番流通しているはず。

FXスーパーグライド。賛否両論のリアフェンダー「ボートテール」が特徴的でした。

スーパーグライドとは

1971年にスポーツスターXLと、ビッグツインFLを組み合わせたスポーティモデルとして登場したのがFXスーパーグライド。ビッグツインを搭載したスポーツモデルのことを、ハーレーダビッドソン社では長らく「スーパーグライド」としてきました。1982年にFXRスーパーグライド、1995年にはダイナ・スパーグライドと進化。2005年にはFXDCダイナスーパーグライドカスタムというクロームメッキなどをふんだんに使った豪華版も登場しています。

FXRS(ローライダー)

価格:9,990ドル(約159万円)
FXR版のローライダーが、このFXRS。初代ローライダー(1977年登場)やその後のダイナ・ローライダーと同様にタンクにマウントされた2連メーター(スピード&タコ)が特徴。FXRスーパーグライドに比べて、エンジンがブラック&クロムメッキ塗装され、またローダウンされている。一回り豪華仕様ってことですね。ちなみにホイールはキャストとともに、スポークバージョンもあるようです(謎)。
参照:僕のFXRのリンクもここにひとまず…

FXRS(ローライダー)。私が今乗っているのが、こちらになります。

ファクトリーカスタムモデル

FXRDG(ディスクグライド)

価格:8,199ドル(1983年当時の為替で、約196万円)
1983年に販売開始されたモデルのようで、限定810台の生産だったとか。リアにディスクホイールを採用しているため、ディスクグライドと呼ばれるようです。「All that Glitters isn’t Chrome(輝くものはクロームだけじゃない)」とも言われたとか。ちなみにマフラーはブラック加工されていたとか。これが進化して下のFXLRになるのかな。

FXRDG(ディスクグライド)。リアのディスクホイールも、現在のものとは少し違った形。

FXLR(ローライダーカスタム)

価格:10,095ドル(約160万円)
FXRSローライダーをベースにリアホイールをクロームメッキ製ディッシュホイール、フロントを21インチスポークホイールにカスタマイズ。またスピードメーター類はFXRやFXRSがタンクマウントに対して、ハンドルマウント化されたり、ヘッドライトバイザーがなくなりトリプルトゥリーに直付されたり。XL1200Cとかに近いカスタム方法ですね。

FXLR(ローライダーカスタム)
FXLR(ローライダーカスタム)。21インチインチホイールが特徴的。

FXRS-SP(ローライダー・スポーツエディション)

価格:9,775ドル(約156万円)
こちらもFXRSローライダーがベース。名前の通り、スポーツエディションとなっており、フロントにダブルディスクブレーキされ、フォークのストロークが少し延長されている。またローライダーのタンクオンメーターではなく、ハンドルマウントされているのも特徴。

FXRS-SP(ローライダー・スポーツエディション)。ダブルディスクとメーター位置が主な違い。

FXRS CONVERTIBLE(ローライダー・コンバーチブル)

価格:10,075ドル(約161万円)
こちらもFXRSローライダーをベースに、取り外しが簡単なウィンドシールド、バックレスト、ツアーバッグ(左右)、さらにハイウェイペグも入れた豪華モデル。ハンドルはプルバックタイプのものがついていて、長距離も快適。これだけの装備で、価格はFXRSローライダーから2万円アップと、めっちゃくちゃお買い得なモデル。

FXRS CONVERTIBLE(ローライダー・コンバーチブル)。豪華装備なのにお買い得なFXRS コンバーチブル。参照:Hotbike

ツーリングモデル

FXRT(スポーツグライド)

価格:10,595ドル(約169万円)
FXRSローライダーをベースに作られたツーリングモデル。フェアリングとツアーバッグ、バックレストが特徴。フェアリングには、AM/FM、カセットテープを再生可能なステレオシステムを装備。

FXRT(スポーツグライド)。ポリスバージョンもあるみたいです。

FXRD(スポーツグライド・グランドツーリング エディション)

価格:9,474ドル(1986年の為替1ドル200円で、約189万円)
ツアラーモデルである「エレクトラグライド」や「ツアーグライド」のスリム版として1986年に登場したのが、このスポーツグライド。伝統的なツアラーとは一線を画すスタイルとFXRならではのスポーツ性能をアピールポイントとしたハーレー、らしい。大型のフェアリング、ダブルディスクブレーキ、アジャスタブル・エアサスペンション(!)、ラジオ・オーディオシステム、大型のツアーバッグ(両サイド、トップ)とツーリング性能もバッチリ。ちなみにマフラーが両出しだったりする。
この後、上にある「FXRT(スポーツグライド)」に進化するみたいですね。

FXRD(スポーツグライド・グランドツーリングエディション)。FXRには見えない巨大さ。写真参照:ジェイトレード

CVOモデル

1999年に発売されたハーレーダビッドソン社初のCVO(Custom Vehicle Operation)モデル。FXR2とFXR3、FXR4が同時発売された。

FXR2

21インチホイール、オリジナルカスタムペイント、アルミ性サスペンション、ハイウェイペグ、バッドランダーシート、各所のクロームメッキ処理などなど、超豪華仕様となっている。

昔のXL1200CみたいなFXR 2。

FXR3

FXR2とはタンクペイント、ホイール(FXR3は19インチ・キャストホイール)などが異なる。

FXRのCVOでは一番いいかな〜。

FXR4

FXRとはタンクペイント、ホイール(FXR4は19インチ・スポークホイール)などが異なる。

ちょっとやりすぎかな…。