Arata Record

Harley-Davidson, Travel, Gadgets, Tennis…

Diary

BMWの2020年新型クルーザー R18 を見ての感想

Posted | 2020年4月8日  Photo | --

以前より噂されていたBMWのクルーザーモデル「R18」が、とうとう登場になりました。コモ湖にて開催される「Concorso d’Eleganza Villa d’Este」というイベントにおいて登場した「BMW R18」。コンセプトのときから「かっこええなぁ」と思っていただけに、今回の発表はすごく楽しみでした。新型R1200GSも評判がいいみたいですし、どんな感じなのか。

ビジュアル

まずBMWさんによれば、もともとR18(コンセプトモデル)は、以下の考え方をもとに作られたとのことです。

オリジナルのR 90 Sへのオマージュである「Concept Ninety」、バガースタイルの6気筒、「Concept 101 」、そしてアイコニックな1936年式モデルへのオマージュ、「R 5 Hommage」などのコンセプトモデルです。

BMW Motorrad
ボバー風のスタイル。ボクサーエンジンが低さを強調しますね。

確かにR5とすごく似てますよね。ハーレーのリジッドフレーム(ソフテイル)にも近いフレームで、かなりの再現度です。ただちょっとデカくはなかったかな。

それにしても、「Concorso d’Eleganza Villa d’Este」で発表されたコンセプトモデルを、ほぼそのままに仕上げてきました。かっこいいなぁ…。

エンジン

エンジンスペックは、BMWサイトから引用します。

R 18の新開発1,802ccのボクサーエンジンは、BMW Motorrad史上最大排気量を誇ります。最高出力は67kW(91PS)を発生するエンジンは、最大158Nmのトルクを3,000rpmで引き出すことができ、さらに2,000rpmの回転域では常に150Nm以上もの溢れるようなトルクを楽しむことができます。

BMW Motorrad

ハーレーのVツインとは違って、ボクサーエンジンが低い重心にかなりフィットしてるように思います。シリンダーの張り出しが、バランスも取ってくれそう笑 クロームメッキが多用してありますが、ブラック・アウトしたパーツも登場するようです。個人的には、ボクサーを利用した両出しマフラーの取り回しがいいですね。サイレンサーの形状が、あまり好きではないですが、ここはいくらでもカスタムできそうです。

カスタム

EICMA 2019(ミラノショー)で発表されたR18のカスタム。めっちゃかっこいい。

クルーザーと言えば、カスタム。BMWもそのへんは意識していて、純正パーツもかなりの量でリリースしてくるようです。また、Roland Sands Designや Mustang Seat などのハーレーで有名なカスタムパーツメーカーが順次パーツをリリースしていくとか。こちらも楽しみです。

まとめ

価格はまだBMW Motorradサイトでも未定ですが、試乗可能になれば乗ってみたいですね。ボクサーエンジンは、R1200GSに乗ったことがありますが、意外とトコトコとした振動もあり気に入っています。1800ccもの巨大なボクサーだとどうなるのか、すごく興味があります。

コロナが収まって、また試乗することがあればレポートしたいと思います。

ギャラリー

ちょっと大きな人が乗ると変かな。リアフェンダーはあったほうが好みです。
サイドビューは少しクジラっぽいな。
もう少し全長は短くしてほしかったです。個人的には。
メーターはドイツらしくシンプル。
タンクもシンプル
もちろん小型のLEDウィンカー
ブレーキまわりもこだわってるのが伝わってきます。
ボクサーエンジン。1800cc。
1800ccのボクサー、どんな乗り味なんだろう
マフラーは…あまり格好良くないかな。
シャフトドライブはBMWらしくていいですね。