Arata Record

Harley-Davidson, Travel, Gadgets, Tennis…

Harley-Davidson

中華パーツで、ヘッドライトを安価にLED化

Posted | 2021年9月17日  Photo | --

以前から気になっていたパーツの一つ、LEDヘッドライト。こちらいつか「Trampサイクルさんの物」を付けたいなぁなんて思っていたんですが、高い(4万5千円くらい)! ここのところシートを買ったり、ハンドルを変えたりと散財していたので、諦めていました。ただ今のヘッドライトは暗いし、夜間やトンネル走行をするたびに気になってはいました。そんな中…。

Tramp サイクルのLEDヘッドライト。かっこいいけど、高いんだコレ。

そんなオセンチなメンタルの中、発見したのがamazonに出品されていた中華ヘッドライト。価格はなんと6000円弱…! Trampさんと比較すると80%ダウンですよ、コレ。品質が怖いところですが、レビューを見るに実用に堪えるようですので、怖かったですが、思い切ってトライしてみることにしました。大丈夫! …な、はず笑。

こちらが問題のヘッドライト。

取り付け

amazonですので、注文翌日に到着。というわけで早速取り付けです。と、言ってもすごく簡単。元のヘッドライトを外して(ボルト一本です)、カプラーを新しいものに差し替えて、止めるだけ。

ヘッドライトはボルト1本でサクッと外れます。このコネクタを抜いて指すだけ。
新しいヘッドライトを元の位置に押し込んで…
リングで固定します。FXRはリングが2つあるんですよね(年式が新しいものは、1つですが)。
正面から見た図。ロボットぽいですね。

点灯!

というわけで、早速点灯させてみました。当たり前ですが、めっちゃくちゃ明るいです。今までのライトとは、もう次元が違いますね。しかしそれ以上に嬉しいのは、ルックスです。ヘッドライト中央に配されたポジションランプが、かなりかっこいい。LEDの導光板で綺麗に光る姿が最高です。Trampさんのヘッドライトだと、ヘッドライトを完全に横断するポジションランプとなっていて、ロービームだと北半球だけ光っているのが強調されてしまうのですが、こちらはそれがなく自然。デザインとしてはTrampの方がいいなと思っていましたが、結果こちらの方がいいなと思います。

あとは耐久性ですね。amazonレビューでは、結露するなど記載がありましたのでその辺は覚悟していますが…。まぁ高いものではないので、2,3年持ってくれれば御の字なのでしょうか。

ロービーム点灯。分かりづらいですが、北半球部分のみ点灯となります。かなり明るい!
こちらがハイビーム。南半球が追加で点灯します。
ポジションライトはこんな感じですね。
うーん。ヘッドライトを変更するだけで、いっきに最近のバイク風になりました!