Arata Record

Harley-Davidson, Travel, Gadgets, Tennis…

Diary

バイク積載 防水シートバッグ「エンデュリスタン」レビュー

Posted | 2021年2月28日  Photo | ENDURISTAN

これまでバイクの積載は主に「タナックス シートバッグ MFK100」を使用してきました。こちらのシートバッグはいつでも開閉可能、またポケットも多くタオルや(コロナ禍では役立つ)消毒ウェットティッシュやペットポトルなどなど、いつでも取り出せるものも入れられる超便利バッグでした。ただ最近、僕のFXRにはサドルバッグを装着したためシートバッグにはさほどアクセス性能を求めなくても良くなったのです。となればシートバッグは「見た目重視」のものにしてもいいかも、と思いはじめました。


エンデュリスタン

こんな道は怖くて走れませんが…

目をつけたのは、オフロードバイク用のシートバッグとして人気の「エンデュリスタン」。2008年に設立された欧州のラゲッジ専門メーカーで、完全防水・防塵・防砂をウリにしています。商品はサドルバッグ、タンクバッグ、シートバッグ、そしてパニアバッグと呼ばれるものまで30点ほど用意されています。

エンデュリスタン 創立者メッセージ

旅の間、タンクにつけるバッグがズレることなく、取り外しが簡単にできればと何度思ったことか。 それだけじゃない、耐久性にも優れていてジッパーももっと強ければ。 残念ながら、市場で販売されているものに納得できる商品は見つからなかった。 だったら自分たちで作ればいい。 私たちがENDURISTAN(エンデュリスタン)を2008年に設立したのはこのような思いがあったから。 サハラ砂漠を横断してようが、シベリアをライディングしてようが、ENDURISTANはあなたの最高の友となるだろう。

参考URL:エンデュリスタンウェブサイト
完全防水・防塵・防砂がウリのエンデュリスタン。僕なんかではここまでやれませんが…汗

僕が気になっているのは、シートバッグの「トルネード2 ドラムバッグ」。名前の通りのドラムバッグで、開口部はロールトップ(これがトルネードの由来?)になっています。もちろん防水・防塵・防砂。ブラックでシンプルなルックスが、ハーレーにも似合いそうだなと一発で気に入ってしまいました。ちょうど「タナックスMFK100」が、メルカリで速攻売却できたので、それを元手にこちらのエンデュリスタンを購入することにしました。

またエンデュランスは注意点が一つあって、車体への取り付けベルトは別売りです。ベルトは2タイプあり、フックの部分がオスメスのバックルになっているものと、輪っかになっているものがあります。僕はリアウインカーとタンデムステップに取り付けることを想定してるので、輪っかタイプ「ROK straps」にしました。


サイズをどうするか

「トルネード2 ドラムバッグ」は、4種類のサイズが用意されています。サイズは下記の通り。

モデル容量サイズ重量税込価格
S20L45*24cm1.5kg7,590円
M32L53*27cm1.5kg8,470円
L51L51*32cm1.5kg9,130円
XL82L67*38cm1.5kg9,900円
エンデュリスタン「トルネード2 ドラムバッグ」商品一覧(2021年3月16日時点)

メーカー(代理店)サイトを見ると、Sサイズでも2泊3日程度のツーリングならなんとかなる。2泊以下でもキャンプ道具などを積載するなら、Mサイズ以上を推奨とのこと。僕はバイクでは滅多にキャンプをしないので、ルックスも良さそうなSサイズに決定・amazonで注文しました。FXRはタイヤも130mmとコンパクトなので、Sサイズが丁度よいだろうと。

積載場所

僕のバイク、FXRにはリアフェンダーにキャリアがついていたのですが、昨年に外してしまったのでシートバッグをつけるところがありません。ツーリング時はノーマルシートに換装してもいいのですが、できれば鼓動をダイレクトに感じられる薄めのシングルシートで走りたい…。でも、キャリアはもう嫌だ。というわけで、いろいろと検討した結果、吸盤タイプのタンデムシートを購入することにしました。購入したのは、価格1800円程度の激安品。実際届いたものをチェックしましたが、荷物を乗せる「荷台&傷防止パッド」として考えれば十分な出来でした。キャリアを検討されている方は、こういうものもありかもしれません。

エンデュリスタン、到着!

今回はamazonで注文、翌日に早速到着しました。「いや。ほんと、改めてamazonの物流ネットワークってすごいなぁ」と今更ながら感心しつつ、開封していきます。いつものamazonボックスを開けると、登場!

amazon梱包から取り出した「エンデュリスタン」
Sサイズを購入しましたが、結構小さいですね。幅45cm、縦24cmです。
取扱説明書はなく、商品紹介のようなものがついています。英語とドイツ語のみ。
エンデュリスタンのロゴがかっこいいです。独特の書体。

早速荷物を詰めて、見た目をチェックしてみたいと思います。本当ならバイクにも積載したいところですが、現在車検でショップに預けており、まさにお預け…。戻ってきたらまた写真とともにご紹介したいと思います。

60%程度荷物を詰め込んでみました。
表側のバックル。しっかりした作りで、脱着も「バチン!」と程よい硬さです。
中身はこんな感じ。赤の裏地で、内容物が見やすいですね。

バッグの閉じ方

上部開口部を閉じます。
2回転ほど、くるくると丸めます。
バックルを閉じて
バンドを締めて完了
手持ちハンドルはラバーで出来ていて、持ちやすいですね。

積載 ロックストラップ

購入したロックストラップ。
ドラムバッグのベルトに、ストラップを通す穴が空いています。ここを通して…
逆側からもストラップを通して、バックルで閉じる。片方のストラップがゴムになっていて、こちらでテンションをかけてバイクに固定するそうです。これはかなりガッツリ固定できそう。

バイクに装着!!

車検完了後、記載します!