Arata Record

Harley-Davidson, Travel, Gadgets, Tennis…

Harley-Davidson

フルチューンCVキャブ – 4. セッティング完了!

Posted | 2020年9月7日  Photo | --

ここ最近、ずーっと悩みっぱなしの「キャブレター問題」。アイドリングがすぐに下がらない、エンストしやすいなどの症状で、自分ではもはやお手上げ。さっそく自宅近くのショップに行って、チェックしてもらうことにしました!

チェック開始

行ったのは、東京都にある「EAST URBAN」というお店。店主である遠山さんは、日本のハーレー業界を盛り上げてきた重鎮中の重鎮です。僕も長くお世話になった方で、安心してバイクを預けることができます。というわけで、FXRを持ち込んで症状を伝えてみたところ…。

サクサクっとエアクリとキャブを取り外します

まずエアクリーナーを外すと、遠山さんからいくつか指摘が。
「これさ、取り付け方が悪いよ。スロットルが戻りきってないのと、チョークケーブルもちょっと変。あ、あとスロットルケーブルがタンクに噛んじゃってるね、これも戻りがわるくなってる原因かもしれないな…」と言いつつ、ちょこちょこっとイジってもらっただけで…。

スロットルワイヤーの戻し側の締めが甘かったみたいです。

エンジンを掛けてみると、バッチリ。アイドリングも安定してるし、ストットルを煽ってもすぐに戻ります。やっぱり素人がいろいろやるもんじゃありませんね、ほんと。というわけで、遠山さんには他の箇所も軽くチェックしてもらいながら、雑談して帰宅。

お店から自宅まで短い距離でしたが、明らかに挙動が安定しています。帰宅時に今にも雨が振りそうだったので、フルチューンCVのフィーリングはしっかり試せませんでしたが、次の休みには100kmほど走って感想を書きたいと思います。

あぁ早く走りたい!