Arata Record

Harley-Davidson, Travel, Gadgets, Tennis…

Harley-Davidson

FXRの不具合…リアブレーキが抜けた!?

Posted | 2020年6月6日  Photo | --

FXRリアブレーキ

2019年4月の購入以来、あちこちで不具合が頻発する僕のFXR。まぁ1992年式で、30年近く経っているので仕方ないといえば仕方ないのでしょうが…。直った!と思って走り出すと故障…を何回か繰り返すと、さすがに辛いですね。というわけで、今回はリアブレーキがイっちゃいました。

これまでの故障遍歴 笑

2019年4月の購入から半年ほどは調子よく走っていたFXR。ただ12月、約5000kmくらい走ってから故障が出始めました。

この他にもブレーキローター、キャリパーのOH、前後タイヤ交換とメンテナンス代も入れると、結構な費用がかかってしまいました。そしてとうとう今年4月…リアブレーキが故障したのです。

リアブレーキが抜ける!?

自粛も解除され、気持ちよくバイクで近所を走っていたある日。突如リアブレーキが抜けました涙 走行中に突然ブレーキを引きずった感じになり、次の瞬間ペダルがスカスカ…ブランブランになりました。幸い40km/hくらいで走行していたので、フロントブレーキだけでどうにかなりましたが…かなり怖かった。

昔、バイブス(だったかな)か何かで、チョッパーに乗ったアメリカの方が「フロントブレーキなんざ、軟弱者がつけるパーツ」みたいな記事を見たことがありますが…。リアブレーキ主体のハーレーで、リアが効かなくなるのは地獄です。

根っこから修理

ブレーキが抜けたその足で、行きつけのショップに入庫。

リアブレーキのカートリッジ。10,000円くらいで購入できます。

ショップで確認すると「パッと見ただけでは原因はわかりませんが、キャリパーは以前オーバーホールしてるので、マスターかな。リビルトしてみてですかね。カートリッジ交換で済むなら工賃込みで15,000円くらいでいけますよ」と。ただ詳しくチェックしてみて、マスターシリンダーごとの交換もありえるのと、その場合の費用は30,000円くらいだとか…泣けます。まーた出費だ…と、そのままFXRをショップに預け、泣きながら歩いて帰宅です(笑)

そして後日、ショップの店長から電話にて「カートリッド交換してリビルト完了しました。ただ、今日30kmほど試乗してみたら、やっぱり抜けましたね。マスターシリンダー、3ヶ月ほど前に当店でOHしたキャリパー、そして他店で装着されたローターなんかも再チェックしてみます。もう少しお時間ください!」と、無情な連絡。

結局、修理が完了したのはそこから2週間後でした。

「一通りチェックと修理、一部の部品交換をしてなんとか直りました。たっぷり試乗しましたが、問題ありません。ただし当面はスピードをあまり出さず、車間距離も開けて確かめなながら乗ってくださいね」

いや、とにかく直ってよかった。さっそく乗ってみると、うん、めっちゃくちゃブレーキが効く。費用は30,000円かかりましたが、まぁとにかく直ってよかった(2回目) 最近は梅雨空ばかりですが(東京は16日連続で雨…)、この週末はなんとか曇りになる模様。久しぶりにどこかへ走りに行くことにします。