Arata Record

Harley-Davidson, Travel, Gadgets, Tennis…

Harley-Davidson

883Rカスタムレポート – その3 吸排気

Posted | 2010年10月10日  Photo | --

ローダウンに続き、今度はエアクリとマフラーをカスタムします。まずエアクリーナー。フロントサスペンションと同様に「nice! mc」のものです。5inchとエアクリーナーの中でも、小さい部類でハーレーの特徴でもあるプッシュロッドが2本ともバッチリ見えるようになるのが格好いいです。

装着した見た目。プッシュロッドがバッチリ見えますね。ただブローバイホースがややダサい。

カラーはブラックアウトされたものも選べたのですが、真っ黒になるのも嫌だったので、ポリッシュタイプを選びました。唯一気になるのはブローバイホースかな。もう少し細いホースでもいい気がするのですが、まぁ良しとします。

最後にマフラー。僕はハーレーの音の中でも、やや高くて歯切れいい音が好きなので材質としては絶対スティールがいい。形状は純正に近いテーパードが好みですけど、スポーツ&クラシックがテーマなので、1950年代のレーサータイプのスポーツスター「XLCH」っぽいタイプにすることにします。
※ちなみにCHは、Competition Hotの略。

実はこのタイプのマフラーはイーストアーバンさんが作っているんですよね。
その名も「CHスタイルマフラー」。昔、友人が付けていて音を聞いたことがあるので音質も気に入っています(もちろんスティール製)。

後ろのマフラーがカチあがってしまっています。

ただこのマフラー、リアがややカチ上がり気味になるため、今回はステーを加工して、地面と平行になるように調整することに…。

バッチリ地面と平行になりました

見てみると見事にまっすぐです。思うに、CHスタイルマフラーに付属しているステーはやや長いようですね。加工としてはステーの一部をカットして穴あけ加工で終了でした。これでローダウン、吸排気が完了です。