Arata Record

Harley-Davidson, Travel, Gadgets, Tennis…

Harley-Davidson

ディファイアンス・ペグに交換

Posted | 2022年1月5日  Photo | --

ハーレー ディファイアンスフットペグ

すごく前にハーレー純正の「ディファイアンス(DEFIANCE COLLECTION)」というハンドルグリップに交換したのですが、その際にいつかはフットペグも交換したいなぁと思っていました。ただこのディファイアンスシリーズ、グリップが26,000円、ペグも2個セットで27,000円、シフトペグでさえ9,000円と常軌を逸した価格なのです。当然、ペグはライダー側とパッセンジャー側、シフトペグで65,000円近くになるわけで、買えずにいました。

ヤフオクで良い出物が

正月の休暇中、暇に空いてヤフオクを見ていたところ、発見してしまいました。ディファイアンスフットペグ前後+シフターペグ付きで15,000円程度で出品されているではありませんか。新品より50,000円も安いのです。まぁこのペグの真の価値自体がそんなもんだと思いますが、これはということで入札しました。

しかし、世の中そんなに甘くはありません。オークション終了直前にライバル出現! ネチネチとした攻防を繰り広げ(笑)、結局20,000円で落札となりました。この野郎…。

まぁそれでも新品より45,000円近く安いわけですから、まぁいいかなと。

早速取り付け

商品はすぐに届いたので確認すると、ヤフオクでの商品説明通りなかなかキレイ。特にパッセンジャー側と説明の合った商品は新品同様の品物でした。ライダー側は少しだけラバーに使用感がありましたが、まぁどっちみち使用感でるのでOKです。

ちなみにこのディファイアンス フットペグは、ペグ中央のボルトを外せばラバーだけ交換することができます。少しヤレてきたら交換してもいいですね。リプレイスメントラバーの価格がわかりませんが…汗

ライダー側です。ちなみにこのディファイアンス フットペグは、ペグ中央のボルトを緩めることで角度を360度調整することが可能です。
ハーレーダビッドソン ディファイアンスフットペグ
マフラー側。ノーマルと比べて圧倒的にGOOD!
パッセンジャー側。展開時。
パッセンジャー側。収納時。
シフターペグもかなりキレイですね。
ペグは普通に取り付けると少し斜めになったので、鉄ヤスリでステーを少し削って真っ直ぐに調整しました。
こちらは装着済みのディファイアンス グリップ。

単に見た目が変わるだけのパーツですが、グリップと合わせることで統一感もでましたし、何よりノーマルから比べてぐっと高級感が出ました。2万円と少し高かったですが、既存のノーマルペグが5,000円で売れたので実質は15,000円。まぁありかなと思うことにします。