Arata Record

Harley-Davidson, Travel, Gadgets, Tennis…

Harley-Davidson, Travel

伊豆半島1周ツーリング

Posted | 2020年10月4日  Photo | --

2020年10/3〜4の1泊2日で、伊豆半島へツーリングに行ってきました。ちょうど2020年10月1日より、東京在住者にも「Go to travelキャンペーン」が適応されることになり、大変オトクにツーリングすることが出来ました。最高ですね、このキャンペーン。ツーリングはほとんどがバイクに乗っており、コロナ感染リスクはそもそも低い。いいことづく目です。

ルート

東京から東名高速を使い「大井松田」まで、一気に移動。その後は箱根、芦ノ湖スカイラインを通過して、伊豆スカイラインで伊豆半島を南下します。伊豆スカイラインは天城高原まで行った後に、冷川ICまでもどって414号線(下田街道)をさらに南下し下田に。ここで1泊して、翌日は伊豆半島南部を左回りで海沿いに走り、西伊豆スカイラインを通過しつつ沼津へ。沼津からは高速で帰るという総走行距離600kmのプランとなります。

1日目:東京〜下田

今回は、僕と同じFXR乗りの知人とツーリング。彼も東京在住のため、神奈川県の東名高速「港北パーキングエリア」にて待ち合わせ。朝8:30に待ち合わせとしましたが、さすが「Go to travelキャンペーン」初日。高速道路も結構な渋滞でしたが、パーキングエリアもなかなかの混み具合です。これが海老名パーキングエリアだったら、もっとすごかったと思います。

港北パーキングを8:30に出発し、すり抜けも併用しながらなんとか「大井松田IC」に到着。すぐに箱根新道に入り、箱根峠を目指します。そしていよいよ初日のメインイベントの一つ「芦ノ湖スカイライン」へ。

芦ノ湖スカイライン

10月でしたが、箱根峠は18度と箱根にしては暖かく快適でした。それにしても芦ノ湖スカイラインは素晴らしい。適度なワインディングと、絶景。よそ見しないように、都度都度休憩をはさみつつ走ってきました。

一緒に行った知人のFXR。流行りのスピードクルーザー的カスタムです。
抜群の景色ですね。見えるのは、箱根のゴルフ場。
箱根芦ノ湖展望公園より。スーパースポーツが信じられない速度で駆け抜けていく…よく死なないなぁ。
芦ノ湖。北海道の摩周湖のような風景です。これだけでも来た甲斐があります。

バイカーズパラダイス

バイカーズパラダイス、メインの建物。かなり立派です。

最近?オープンした「バイカーズパラダイス」にも行ってみました。すごく人がいるかなぁと思いましたが、来ていたのは100台くらい…かな。ちょうど昼食時だったので、カレーとコーヒーを頂きました。

この日は100台くらいバイクが来ていました。ハーレーやスーパースポーツが多いですね。
店内はかなりおしゃれ。ただ入場に500円という意味不明な制度が…。まぁこんな場所にあるのでわからなくはないですが。
ハーレーの展示車両がやたらありました。ミルウォーキーエイト搭載の新型車が5台ほど。どれもカスタムされていて、なかなか見応えありましたね。

バイカーズパラダイス南箱根
住所 〒419-0101 静岡県田方郡函南町桑原1348-2(→ Google Maps
営業 平日8:00~17:00 土日祝7:00~17:00
電話 0460-83-5819

https://www.bipa.jp/

伊豆スカイライン

12:30に昼食を終え、バイカーズパラダイスを跡にした僕たち。さっそく本日メインイベントの「伊豆スカイライン」へ突入します。

…素晴らしい。今年はビーナスラインや志賀高原など、名道と言われる道を走ってきましたが、伊豆スカイラインも相当いいですね。終点である天城高原ICまで40kmほど絶景ロードが楽しめる…その長さもGoodポイントです。

富士山が見える(はず)ビュースポット。この日は雲が多くて、残念ながら見えず。
ちょっとした展望台からの風景。見てください、この美しさ。この高さ。最高!
愛車のFXRSとパッシャっと。バイクも、いつもより格好良く見えます笑
このツーリングでは、おろしたてのフルフェイスヘルメット「グラムスター」を使用
ハーレーも結構来ていました。こちらはショベルヘッド。かっこいいですねぇ。

本当はもっと写真を掲載したいのですが、走ってない方にとっては「どれも似たような絶景 笑」なので、もうやめときます。

伊豆の国ビール。ピルスナーは好きなので結構飲むのですが、これはなかなかいい味でした。

というわけで、この日は17:00に下田のホテルに到着。夜は恒例の地ビールと海の幸に舌鼓をうった後、部屋でも地ビールを飲み、22:00には就寝…笑。

2日目:下田から東京

ホテルを出発する前の積載。今回は1泊なので、たったこれだけ。

2日目は朝6:30に起床し、ホテルで朝食をたっぷり食べた後(食べ過ぎた…)、7:30に出発。下田から136号線を通って、16号線の石廊崎(伊豆半島の最南端の地)を経て、海沿いの道を北上。途中59号線に入り、山道を北上しつつ西伊豆スカイラインを通って沼津へ向かいます。

136号線を向かいつつ弓ヶ浜にも立ち寄り。日本有数の海水浴場ですが、今年はコロナで閉鎖していたようですね…。
石廊崎付近の展望台。驚くような透明度の海と、切り立つ断崖の素晴らしい景色です。
伊豆の南部は道もビュースポットもかなり空いていました。いくら「Go to travel」でも土日休みでは、さすがにここまで来ないのかな。

それにしても、伊豆は海岸線の道が本当に気持ちいい。切り立った断崖の上に道があるので、走りながらでも海を横目に見られるし、道も十分な広さで走りやすいです。そして所々に峠もあって、単調にならないのもいいですね。

また海岸線が飽きたら、少し中央部に行くと山道も走ることができる。海と山、両方の良いところを1箇所で満喫できるのが伊豆半島の良いところでしょうか。10年ほど前に行ったきり行っていませんでしたが、東京からも近いし、近いうちにまた再訪したい…そんな場所です。

帰りに寄った西天城高原。

帰りはホテルで貰った「Go to Travel」キャンペーンの、地域共通クーポンを使ってがっつりお土産を購入し帰宅。土日にガッツリとツーリングに行ったものの、このお土産で奥さんも子供もすっかり機嫌を直し(笑)、平和に1泊2日のツーリングを終えることが出来ました。